クライゼン 転位。 クライゼン転位とは

ジョンソン・クライゼン転位 Johnson

転位 クライゼン

ここで、アリルエーテル類からのアリルフェノール類を合成するクライゼン転位合成技術を完成すれば、通常は、他のヘテロ原子を有するクライゼン転位は可能となるため、特に酸素を含有する置換アリルエーテルから置換アリルフェノールを合成する技術の報告例は非常に多い(図1、図2)。

クライゼン転位とは

転位 クライゼン

変法 ジョンソン-クライゼン転位 Johnson-Claisen Rearrangement アリルを下にと加熱すると、オルトエステルとのアルコキシル基交換反応が起きた後、さらにアルコキシル基が1つ脱離してアリルビニルエーテル構造を持つ中間体が生成する。

クライゼン転位とは

転位 クライゼン

【0002】 クライゼン転位は、基質・原料に対して生成物の機能性と同時に付加価値をも向上するため、香料、医薬品、食品分野において有用である。 以下の構造が各2分子ずつある場合、 クライゼン縮合反応が起こるか考えてみよう。 と思ってくれれば大丈夫。

クライゼン縮合

転位 クライゼン

Barton Hepburn Professor of Chemistry at Princeton University. 水加熱コイル(管コイル)9を通過後、高温高圧状態で温度センサー11が挿入された温度センサーシース12に支持固定された高温高圧フローセル14に導入される。 などしてくださる(/Portal:化学)。 (8)前記(2)から(6)のいずれかに記載の方法において、クライゼン転位後、回収水溶液に水を注入してデカンテーションし、油/水二層溶液に分離後、クライゼン転位化合物を含む油層を分液回収する簡易な連続分離法。

2

【化学】クライゼン(Claisen)縮合反応

転位 クライゼン

これをクライゼン転位と言います。 酸性条件で転位を行いたい場合には、中性条件ではという風に、基質により使い分けることができる。 以下の例ではと組み合わせることで、Aspidophtineの不斉四級炭素を高効率的に合成している。

13

クライゼン転位

転位 クライゼン

。 脚注 [ ]• 本発明は、香料、医薬品、食品として有用なクライゼン転位化合物の新しい大量生産プロセスとして、既存の生産プロセスに代替し得るものである。

20

クライゼン転位とは

転位 クライゼン

(7)水を送液する水送液ポンプ、水加熱用コイル、高温高圧フローセル、基質を送液する反応物送液ポンプ、炉体、反応物を炉体に導入する反応物導入管、反応溶液を排出する排出液ライン、冷却フランジ及び圧力を設定する背圧弁を具備していることを特徴とするクライゼン転位化合物の合成装置。

9