蒙古 襲来 絵巻。 蒙古襲来絵詞はなぜ描かれたんですか?

音読・蒙古襲来絵詞

襲来 絵巻 蒙古

三別抄の援助要請 [ ] 詳細は「」を参照 (8年・8年)9月、に反乱を起していた から、軍事的援助を乞う使者が到来。

1

蒙古襲来絵詞はなぜ描かれたんですか?

襲来 絵巻 蒙古

一方で三別抄は、同年にモンゴル帝国に対して「駐屯する(蒙古)諸軍を退けて欲しい。 白村江の戦いは663年の出来事で元寇(文永の役)が1274年です。 豊臣秀吉が天下人になれたのも織田信長が功績を認めて取り立てたからです。

4

日本史に詳しい方、ご回答お願いします!!文永の役の「蒙古襲来絵巻」...

襲来 絵巻 蒙古

大将軍である少弐景資も元軍との戦いがどうなるのか予想もつかず死を覚悟していたと言われています。 画面右は、季長の旗指 (はたさし)・資安(「季長旗指、三郎二郎資安」)と、季長を救援するため駆けつけた白石通泰 (しらいし・みちやす)の軍勢(「白石六郎道泰、其勢百余騎、後陣よりかく」)。

15

よく利用される国立国会図書館所蔵資料のデジタル画像素材集 元寇

襲来 絵巻 蒙古

「兵法に『千里の県軍、その鋒当たるべからず』 とあり、本国よりも遠く離れ敵地に入った軍は、却って志気が上がり戦闘能力が高まるものである。 また、『』伝では、百道原における矢戦の際に元軍の左副都元帥・と思われる蒙古軍大将が矢で射止められたとしており 、中華民国期に編纂された『』劉復亨伝にも百道原で少弐景資により劉復亨が射倒されたため、元軍は撤退したと編者・(かしょうびん)は述べている。 1293年2度目の元寇でも功績を挙げて裕福になっていた竹崎季長は、元寇における自らの武功や鎌倉へ赴く事情などを中心に『蒙古襲来絵詞』を描かせ、甲佐大明神へ奉納した。

14

音読・蒙古襲来絵詞

襲来 絵巻 蒙古

恐れ慄いた元軍は松原の陣を放棄し、海に逃げ出したところ、海から不可思議な火が燃え巡り、その中から八幡神を顕現したと思われる兵船2艘が突如現れて元軍に襲い掛かり元軍を皆討ち取り、たまたま沖に逃れた軍船は大風に吹きつけられて敗走した、としている。 さらに趙良弼らは大宰府より日本の国都(京都)に入ることができなかったことから、遂に元に帰還した。

5

元寇

襲来 絵巻 蒙古

ここに、現存する絵巻の十六段の詞書全文約九千二百文字、それにその現代語訳を音読する。 その奥で石築地 (いしついじ)に腰掛け、赤い扇子を手にしている人物が肥後国の有力御家人菊池武房 (きくち・たけふさ)。

7